女子バスケットボール部

選手からのメッセージ

健康スポーツ学科 4年

成瀬 夕湖

富山県 龍谷富山高等学校出身

文武両道

本学はスポーツに関する資格取得と競技生活を両立できるところが魅力です。学業では、健康運動指導士の取得、部活ではインカレで勝てるチームになることが目標です。学業、部活ともに先生方の手厚いサポートを受けることができます。素晴らしい環境に感謝し、笑顔で終われる一年にします。

<主な戦歴>
全国高等学校バスケットボール選手権大会 出場(2015・2016・2017)
国民体育大会 出場(2016)
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場(2019)

理学療法学科 4年

平田 有彩

愛知県 桜花学園高等学校出身

インカレ初戦突破へ

大学での3年間、バスケットボールと勉強を両立することがとても大変でした。ここまで競技を続けてこれたのも、勝ったときの喜びや、切磋琢磨してきた日々をともに送ってきた仲間たちのおかげです。今年は国家試験など、より一層大変になりますが、インカレ初戦突破を目指して頑張っていきたいと思います。

<主な戦歴>
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場(2019)

医療情報管理学科 4年

髙橋 沙友里

新潟県 新潟産業大学附属高等学校出身

みんなの支え

素晴らしいサポート体制と充実した施設の中で、日々の練習に取り組むことができています。昨年は4年ぶりにインカレに出場し、周りの方々からたくさん応援をしていただきました。支えてくださる方々へ感謝の気持ちを常に忘れずに、昨年の結果を更新できるよう努力していきたいと思います。

<主な戦歴>
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場(2019)

健康スポーツ学科 4年

原山 穂乃香

新潟県 東京学館新潟高等学校出身

自覚と責任

女子バスケットボール部は、充実したサポート体制のもと、日々の練習に取り組んでいます。昨年はインカレに出場したものの、1回戦敗退と悔しい結果に終わってしまいました。その結果をバネに今年は最上級生という自覚と責任を持ち、最後の1年を悔いなく終わるためにも、全身全霊で努力していきたいです。

<主な戦歴>
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)出場 (2019)

健康スポーツ学科 3年

柴田 彩

福井県 仁愛女子高等学校出身

「挑戦」

昨年度、「挑戦」というスローガンを掲げ、伊藤監督のもと4年ぶりのインカレ出場を果たしました。インカレ出場の背景にはバスケに集中できる環境があること、スタッフのサポートがあったからだと思います。今年は更なるレベルアップを目指し、仲間や応援してくれる方々に、成長した姿を見せられるよう精進していきたいと思います。

<主な戦歴>
北信越高校新人バスケットボール選手権大会 準優勝(2017)
国民体育大会 福井県代表 (2017)
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場(2019)

健康スポーツ学科 3年

柳原 沙弥

京都県 京都明徳高等学校出身

切磋琢磨

私たちは、恵まれた環境で練習に取り組んでいます。去年は、4年ぶりにインカレ出場を果たし、私自身初めての全国大会を経験することができました。今年は、インカレで1勝でも多く勝ち進みたいです。そのために、チームで切磋琢磨し、周りの人への感謝の気持ちを常に持って練習に取り組んでいきたいです。

<主な戦歴>
近畿高等学校バスケットボール選手権大会 出場(2016)
全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場(2019)