女子バスケットボール部

部長からのメッセージ

部長
健康スポーツ学科 教授

西原 康行

Yasuyuki Nishihara

プレーヤーセンタードなNUHW女子バスケ部

新潟医療福祉大学の女子バスケットボール部は、コーチが最先端のコーチング理論と実践を学び、プレーヤーセンタード(プレーヤーである学生が主役として成長し、光り輝くようなチームを目指す)というコーチングスタイルを取り、勝つだけではなく、学生のQOL(Quality of Life:生活の質)を高めることを大切にして日々の練習に取り組んでいます。また、大学のスポーツ科学や医科学の研究者と連携してスポーツ医科学的なサポートも充実しています。これからも新潟医療福祉大学女子バスケットボール部の応援をよろしくお願いします。

<経歴>
日本体育学会代議員
新潟県スポーツ推進審議会会長
日本スポーツ協会コーチデベロッパー

監督からのメッセージ

監督
健康スポーツ学科 助教

小林 真里奈

Marina Kobayashi

Buildup!

新型コロナウイルスによって活動が制限される世の中ではありますが、学生とともに耐え忍び、インカレでの勝つことを目標に”今”やれることを積み重ねています。もちろん、競技だけに集中するのではなく、学生の本分である勉学は最優先であり、大学の4年間は将来に向けて自分の”生き方”を考える時間でもありますので、競技と勉学の両面から心・体・技の育成をサポートしていきたいと思います。また、バスケットボールを通して地域の方と交流し、出逢いの中で”生き方”を学び、社会に貢献できる人の育成を目指していきたいと思っております。

<経歴>
元アイシンAW ウィングス選手
元新津工業高等学校男子バスケットボール部コーチ
元開志国際高校女子バスケットボール部 アシスタントコーチ
2019年度国体バスケットボール競技少年女子主務
2021年度国体バスケットボール競技成年女子アシスタントコーチ

指導者からのメッセージ

ディレクター
健康スポーツ学科 講師

伊藤 篤司

Atsushi Ito

マインドセット!

新型コロナウィルスの感染拡大が収まらず、思うような活動が出来なかった中、3年連続でインカレに出場を果たせたのは選手達の頑張り、スタッフのサポートの大きな成果でした。2022年度、改めてバスケットボールが出来ることに感謝し、日々の行動を大切にしていきます。過去3年間の経験を生かしインカレでの勝利を目指しつつ、1年生から4年生までの個々の能力を融合させ、スタッフとともにチーム力を更に高めていきます。「トレーニング×栄養×医療サポート×データ分析」、そして「地域貢献&情報発信」を加え、文武両道はもちろんのこと、地域との交流を増やし、バスケットボールを通じてのクオリティー・オブ・ライフを実現していきます。

<経歴>
アメリカ Newman Universityコーチ留学(2003・2004)
元U-21日本代表コーチ
元アイシンAW女子バスケットボール部コーチ
元アイシンAW男子バスケットボール部ヘッドコーチ
元紀陽銀行女子バスケットボール部ヘッドコーチ
新潟アルビレックスBBラビッツヘッドコーチ