スマートフォンサイトを見る

大学概要

新潟医療福祉大学 将来計画

I.大学拡充計画の推進II.入試情報の提供強化III.教育内容の充実IV.学生支援の強化V.教員の人材確保(FDを含む)VI.研究機能の充実VII.同窓会・生涯学習の支援VIII.地域・産官学連携の推進IX.国際交流の推進X.組織マネジメント改革(SDを含む)

ドメインIV:学生支援の強化

長期目標(2010-2020年度)

【基本目標】
学生の福利厚生を支援する体制を強化し、めんどうみのよい大学を目指すとともに、就職率を本学における教育の総合指標として位置づける。

【目標項目】

  1. 学生が安心して学生生活を送れるよう支援する。
  2. 高い就職率を継続するための学生支援を強化し、就職率日本一を目指す。
  3. クラブ活動、ボランティア活動を支援し、チームワークとリーダーシップを涵養し自主性を育てる。
中期目標(2018-2020年度)
  1. 健康管理支援体制の強化
  2. 就職支援体制の強化
  3. 学生生活支援体制の強化
  4. 課外活動支援体制の強化
中期計画(2018-2020年度)

1.健康管理支援体制の強化

  • ① 健康管理センターの機能充実を検討する。
  • ② 学生相談(心理相談)体制の機能向上を図る。
  • ③ 支援を要する学生へのセーフティーネットをより充実させる。

2 .就職支援体制の強化

  • ① 就職センター運営委員会とキャリア開発室との連携強化を継続的に行い、キャリア教育などを含めた支援体制を整備・明文化する。
  • ② 就職センターの機能拡充を推進する。
  • ③ より高い就職率(量的拡充)と希望する企業・施設への就職率(質的転換)の向上を推進する。
  • ④ 事業所における本学卒業生の評価を測定するため、就職定着状況を調査する。

3 .学生生活支援体制の強化

  • ① 学生の福利厚生施設、構内交通環境など、学内生活環境の充実を図る。
  • ② 学部の各学年および大学院の成績優秀者に与える奨学金などの優遇措置を充実させる。
  • ③社会人、編入、転入生などへの支援を充実する。
  • ④ 学生生活全般に関する調査などを継続し、学生サービスに対する学生の意見や要望などを把握し、検討結果を活用する体制を整備する。
  • ⑤ 学修支援に関する学生の意見の分析を行い、適切に対応する。
  • ⑥ 学修環境に関する意見の分析を行い、適切に対応する。
  • ⑦ 留学生の生活環境支援を強化する。

4 .課外活動支援体制の強化

  • ① 強化指定クラブの活動支援を継続する。
  • ② 各種クラブ・サークルの活動支援を継続する。

このページの先頭へ戻る